産後のバストは、どうしてハリ・弾力がなくなり元気がない?

産後は、バストに元気がなくなった…と悩む人が増えます。元気がなくなった=ハリがなくなった、ということですね。妊娠をして出産をするころになると、乳腺が発達します。そのため、ハリのあるバストになるでしょう。

 

母乳が作られ、中身が一杯詰まっていると想像してください。それは、産まれてくる赤ちゃんに与えるための母乳で、妊娠をすると誰でも必ずそうなります。

 

しかし、母乳は一生出続けるわけでもありません。役目を終えれば母乳は作られなくなり、発達した乳腺も縮小します。その際に、いわゆるハリがない胸で悩まされることになるのです。サイズダウンもしていきますが、実は伸びた皮膚は戻りにくくなっています。
サイズアップに合わせて伸びて対応した皮膚ですが、サイズダウンのときはうまく縮んでくれません。伸びきったまま中身だけサイズダウンしてしまうので、ハリがないバストが出来上がってしまいます。

 

また、サイズダウンだけが原因ではありません。

 

赤ちゃんに母乳を与える際には、赤ちゃんが乳首を引っ張ります。それが長く繰り返されることで、自然とトップの位置が下がってしまうでしょう。赤ちゃんに母乳を与えている間は幸せですし、バストの形なんてどうなったっていい、と思うかもしれません。
でも、実際に赤ちゃんが母乳を飲まなくなり、崩れてしまったバストを見ると悲しくなります。

 

ハリがないのと同時に、トップの位置が下がって垂れた胸を作り出してしまいますので、産後こそバストケアに力をいれるべきときです。

 

 

産後バストケアに取り入れたいバストアップサプリバストアップクリーム