産後のバストケアができるエクササイズ

妊娠・出産となると、胸は大きくなります。母乳を出すために乳腺が発達をするので、自然とサイズアップするのです。カップ数が大きくなって喜ばしいことかもしれませんが、それは持続することはありません。

 

母乳が必要なくなれば、サイズダウンをして元の大きさに戻ります。戻る段階でのバストケアは非常に大切で、何もしないままサイズダウンしてしまうと、大きくなったときに伸びた皮がそのままであまってしまったり、ハリや弾力がなくなってしぼんだような胸になってしまい、トップの位置も下がってしまいます。

 

サイズダウンする段階で大事なのは、エクササイズ。大胸筋を鍛えて胸を支える土台を強くすると、産後も美しい胸をキープできるでしょう。簡単なエクササイズをご紹介します。

 

まず、両手を胸の前で合わせます。このとき、肘は90度に保つようにしてください。

そして、両手を内側に向かって押し出すだけです。手のひらが合わさっているので、両方から手のひらに力をこめるような感じですね。

 

これを、呼吸を止めずに15秒ほど続け、一旦力を緩めたらもう一度…と繰り返してください。

 

もう1つのエクササイズは、壁を使います。壁に手のひらをくっつけて、両ワキをしめ、壁を思いっきり押してください。これを10秒間ほどキープして元に戻る…を繰り返します。

 

エクササイズといっても、ちょっとした時間でできるものばかりです。産後は胸の崩れが起きるのは当然と諦めてしまう人も多いですが、できることからはじめてみませんか。

 

エクササイズだけではなく、サプリメントやクリームでのマッサージもオススメです。エクササイズで土台を鍛えながら、女性ホルモンの働きでハリや弾力、ふっくらとした胸を維持していきましょう。